スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

「さんすくみ」「SPEC」と仕事

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

こっちにも
久しぶりの更新だね

 音楽漬けだったけど

「さんすくみ」というコミック読んだり
フィギュアスケート観て感動したり
「SPEC」のスペシャル観たり

他にもあった、好きなこと笑
ってわけじゃないけど

音楽と仕事だけじゃない
至ってフツーで、平穏な日々がすごせたよ

「さんすくみ」は「読経しちゃうぞ」っていう題名だったのが
人気が出て、その後「さんすくみ」として連載してる
仏教、神道、キリスト教の神職者の息子たちが、
それを継いでいくうちに巻き起こるドタバタ?ギャグまんがです。
おすすめ

フィギュアは、特に羽生結弦くんと高橋大輔選手の演技は
いいもの見せて頂きました。
生命力VS完成度 みたいな
こんだけ、頑張って、こんだけ当日に披露出来るってすごいことだからね
どんな世界でも、自分の道を努力している人を見ると感動するよね。


「SPEC」はずっと好きで観てたドラマ、
久しぶりで、どう繋がるのかと最初はハラハラしたけど
なかなか面白かった
役者もいい役者さん使ってくれてるね。



東京に帰って来てからは、1件、難関にぶち当たってしまい
この仕事始めて
初めて二日掛かりで対応したよ〜


このexeファイル叩いてから、これを叩いてこれ、って技術部に指示されて
どんな画面が出てくるかもさっぱりわからないし
上手く行くかもわからないのに
一か八かで、遠隔操作したよ〜

上手く行ったから結果オーライで良かったんだけどね
怖かった〜!!
頭が回らなくて、甘いものを補給!お菓子を二袋食べましたヾ(o゚x゚o)ノ


最近は人手不足で、なかなかエスカレーション出来ないし
しても、これやって〜って突っ返されちゃう。

責任とれない立場なのに、難しいことやらされちゃうよ。


新規事業に異動した友達も本格的に仕事が始まったみたいで
流石に4件同時進行は無理だよ〜〜!!って泣いてた。

4件か、4件はツライな。

そんな友達を「あんたなら出来るよ!」って喝入れて
こっちはこっちであんたの居なくなった穴を埋めつつ
少数精鋭で頑張ってっからね。


さてさて、気力は充実なRAINEYですが
どうにも体調不良が悪化の一途

子供も同じ症状で今回は喉に来てたいへん困ってる
わたし、べしゃりな仕事だから〜ヾ(o゚x゚o)ノ

このままじゃ仕事にならないよ。


思えばカラダ弱くてさ
小さい頃から、入院したり、去年みたいに何も無く
ライヴに通い続けられたっていう事の方が奇跡だったんだろうね(笑)


さあ〜て、お医者様の力を借りることにしましょう
あんまり、借りたくは無いんだがね…
この痛みと炎症の程度はちょっと……ヽ(;´Д`)ノ仕方無い

失恋ショコラティエ

JUGEMテーマ:読書


サイドバーに貼りっぱなしのものが多いのですが、
気に入ってるんです、みんな(笑)

でも、この失恋ショコラティエ1〜3巻は、すごいお気に入り
コンビニで『2011マンガ大賞ノミネート』の帯をつけてるのを目撃

なるほど

だって、良いんですよ。

この子は、ずっと一人の女性をずっとずっと想い続けるんです。
たとえ相手が結婚してしまおうが、
そんなことは関係ない。
好きなんです!!

けど、それは成就しない恋でもあって
切ないんだけど、ばか?とも思うし。
でも、この主人公の子は頑張ってて憎めない。

それでも
そんなことって現実には
なかなかないような、多くはないことだと思うんですが。
彼にはちゃんとセフレさんも出来て
それで急に説得力ある現実味を帯びた話になるんです。

かといって、彼が思い詰めてる女性は
実際問題大して魅力ある女性とも思われない人で

でも男の人って
大概こんな女性に惹かれてしまうものだよね、と
そこもなんだかリアル感抜群で。

だから

この先この恋はどうなっちゃうのだろうと

セフレさんと真剣愛になるんじゃないかなという
そんな想像もしてますが

成就したら成就したで
不倫にななっちゃうわけで

ホントにこの先の展開が楽しみですよね。

大賞の候補になったのも、読者としても嬉しい限り。

DOLLS 10巻 限定版 特別付録ミニドラマCD

DOLLSもとうとう10巻ですよ!
ちょっと感慨深いですよね。。

9巻が重かったし、御子柴さんは出てこなかったから
どうなったかな〜と思ってましたが

9巻の続きは思ったよりも早く終わって
しかも結末は想像よりも惨劇でなかったのは良かった。

その後の蓮井さん出てきたとき
あまりにも久しぶりなんで、一瞬「だれ?!」って思っちゃった(笑)

半分寝ながら読んだけど
蓮井さんと御子柴さんとの間に
とっても悪いことが起こったような・・・・
これ、夢じゃなくてリアル???

御子柴さんの話に戻ってくれるのは嬉しいんですが
そうだ、もう一つ後回しにされてた
桜澤さんとの話が残ってたんだった
どちらにしても惨劇は回避できないのかな。


わたくし
10巻になって初めて限定本に手を出し
付録のドラマCD聞きました。

キャスト豪華で好きな人ばっかなんですけど
何故か合ってないような気がするの

マモは高〜いところで喋ってるし。
諏訪部さんにももっと低いところで喋ってほしかったんです。
優しすぎるよ
(わがまま??)

でも声優さんVOICE渇望だったんでいいんだけど。

ドラマより
座談会の方が良かったな
鈴村さんの弟「き〜まさ」の家出話が面白かった。




JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

こんなんでいいのかな?

こんなんでいいのかな?的な毎日をだらだら送ってます。

マンガは読みました。
いぬぼくシークレットサービス 4巻
くおんの森(本×3)
小説も読みました。

ViViDはガンガン聴いてます!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


妖狐×僕SS 3巻

私はホントにこの作品に惚れまして
御狐神くんに惚れたというのが正しいのか?

今までずっとLOVELESSの草灯「ソウビ」が
私の二次元の恋人No.1だったのですが
彼もなまえが「ソウシ」なのでよく「そーたん」などと呼ばれていたり
色々と色々と共通点を感じるのです

まぁ、入れ込んでます(笑)

3巻の帯は「下剋上始まる」です。
御狐神くんはずっと自分のことをりりちよの「飼い犬」と表現しますが
その実権は・・・・

二巻で絆を確認し付き合い始めたということになっている二人ですが
またまた、ちょっと美味しいイベント発生します。

いくつかあるんですが、
手紙間違い転じて告白のくだり、とか

なぜか妖狐と鬼の姿での二人の戦いの
決着の付けられ方とか、オススメポイントは幾つかあります

御狐神くんは一人でもカッコイイのに
妖力を使って複数人現れたりなんて
想像しただけでキュン死にです。

三巻の最後もまた大盛り上がりですよ!♪!♪
御狐神くんの切ない夢が明らかに・・・・・
ココの二人のやりとりも大好きですね☆

著者はここがコミックが終わるところだと意識して
連載書かれてるんでしょうか。
二巻も三巻もとてもイイトコロで終わるので感服いたします。

この大好きな作品に
二つほどツッコミいれさせて頂けるとすると

1.シークレットサービスはお仕事の筈なので
  ちょっと公私混同では?・・・(ま、いいか)
2.三巻の表紙が一反木綿と雪女になってること。
  表紙はずっと御狐神くんと凜々蝶がいいです(切望)
  題名だって妖狐×僕SSですので

冬には4巻が出るそうで、楽しみでたまりませんな。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

妖狐×僕SS 2巻



1巻も良かったんですが

2巻いいですよ〜ぅ

何が良いって凜々蝶(りりちよ)と御狐神(みけつかみ)くんの絆がぐっと深まるからですよ
これはネタばれだったかな

1巻のレビューに勝手に『主従・妖怪(変化)・ツン』と
自分のツボな設定を並べてみましたが
2巻の帯は『主従×妖怪×愛』とありました。
そうか・・・愛だったのか・・・・

突然に現れるりりちよの婚約者、蜻蛉が
色々な鍵を握っていました。

大体こんなに仕えてくれる人って
何か裏にありそうと不安要因がありますが
御狐神くんも然り、何かあったわけです。
それはお楽しみに。

個人的な2巻の見所は
1.御狐神くんの私服&メガネ(かなりキュン)
  コーヒーに誘われる御狐神くんのリアルはぁはぁ(かなりキュン笑い)
2・御狐神くんの妖狐変化姿(moreキュン)
3.凜々蝶×御狐神くんのラスト(mostキュン)

自分属性に思い当たる方は是非読んで欲しいデス

主人公の凜々蝶はツンしゅんキャラだそうでツンデレではないそうですが
読むと代わりに自分がデレてしまいます〜




JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

妖狐×僕SS 1巻

「いぬぼくシークレットサービス」と読みます。

前々からちょっと気になっていたもの
それはもちろん自分の趣味的に
これはツボっぽいと睨んでいたもの
ではあったのですが

実際読んでみると

予想以上のツボでした・・・


もしかしたら
私は主従萌えもあったか?
え?あっただろって??

主従・妖怪(変化)・ツン
という三拍子揃った設定で

主人公は女の子ですが自分のことを「僕」と呼ぶので
題名の「僕」は主人公の凜々蝶(りりちよ)のことですね。

人付き合いに悩む、ツンデレではなく、著者曰く「ツンしゅん」キャラ
なぜかというと後で落ち込むから
このツンしゅん具合が
いたく共感できるのです。

そして、りりちよにお仕えするSS(シークレットサービス)として
妖狐の御狐神(みけつかみ)双熾(そうし)君

いやぁ〜、この御狐神君のお仕え具合のほどは
尋常じゃないこと、笑いを誘うほど、でして。

でも、こんなに良くされて、尽くされて
容姿もカワ(・∀・)イイ!!
だったら嫌な気はしませんよね。

変化した妖狐のお姿もカッコ(・∀・)イイ!!


ちょっと当たりな『買いもの』




JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 

聖☆おにいさん 第一巻

評価:
中村 光
講談社
(2008-01-23)
Amazonおすすめ度:

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

荒川アンダー・ザ・ブリッジで中村光さんを知りました。

いつもアニメ経由の情報ですね・・・・・


いやぁ〜〜
とんでもなく面白いです!!
荒川UBは、第一話が、やはりとんでも無く面白かったのですが、
だんだんと登場人物が増えて
少し笑い衝撃が薄れていった感があったので、

一巻を読み終わって
「本当に面白いわ☆」
と思っているうちに感想書くべきと思いたちました。

なんといっても
登場人物がイエス・キリストとブッダ
ですから
私はこの設定だけでも受けるんですけど

この、歴史的有名人を登場させるのは
ギャグマンガ日和の聖徳太子が出てくる手法??

とにかく、二人の性格が、本当にそうだったように思えてくるハマリ様

ブッダに比べるとキリストの方が俗物かも。
ブッダの後光が射しちゃうところなんか、たまらなく大好きハート大小

仕事疲れとか吹っ飛びましたよん。

これから二巻以降を読みますが
願わくば一巻の面白さを持続してくれますように(−人−)

 

オノ・ナツメさんの「not simple」

評価:
オノ ナツメ
小学館
(2006-10-30)
Amazonおすすめ度:

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

容赦無いなぁ〜・・・・・・

まったくもって容赦無い。
アニメの「さらい屋五葉」でオノ・ナツメさんを知った私が
次に手を伸ばした本です。

さらい屋が時代劇だったので
表紙を見る限りでは
まず、洋物だ!
というところが新しい発見で 

オノ・ナツメさんの画が
外人を描くと、デザイナーさんが描いたような
可愛いイラストみたい☆

な〜んて思ってたのは
甘甘でした。

主人公のイアンの人生は
容赦なくキツイものです。

結構衝撃で、読み終わって
放心状態になっちゃいました。

あとからジワリジワリと
それこそ真綿で首を絞めるかのごとく
効いてきますヨ

オノ・ナツメさんて
本当に構成が上手い人ですね。

題名が表していたのは、まさに彼の
複雑な家庭環境がもたらした人生。

この辺りは
「さらい屋五葉」の弥一と共通するところがあります。

要らない子、だけど信じられる家族も少ないけど居たところもね。

実のお父さんと、お姉ちゃんの間にできた子、イアン。
お母さんはショックでアル中に。

そんな、アル中のお母さんを面倒見るイアン。
お姉ちゃんはお金のために強盗してムショ帰り。

うすうすお姉ちゃんが本当の母親と気づきますが
でも、一緒には暮らせない運命。

だけど、このイアンという子は
すごくいい子で・・・・・・

それだからこそ本当に救われない想いが後に残ります。

少ないけれど彼に関わった人たちは
イアンのへんな笑顔から何かを貰って

今書いていて思ったけど、イアンて慰安と変換できるし
そんな意味で登場させたのかしらん。

彼の救われない一生はみじめったらしいけど
でも、確実に存在して意味を成した。

それでも、道端の石っころみたいな、イアンの一生。

これを読んだら、「さらい屋五葉」の原作コミックスも
容赦無い終わりを迎えそうな気がしてきました。




竹光侍 8巻

評価:
松本 大洋,永福 一成
小学館
(2010-04-28)
コメント:清清しいエンディング 全てにおいて秀逸
Amazonおすすめ度:

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

1巻を購入したのはタイトル文字の金ぴかさと
独特な画に惹かれての、所謂ジャケ買いでしたが
このお話はホンモノでした。

正直庶民の私には購入し続けるには値段が高かったのですが
これは最終巻まで揃えて良かったと思っています。

ストーリーは分かり易く、かといって期待を裏切りません。
木久地と宗一郎との対決は
どうなるのか本当に本当に見物でしたが、
戦いも圧巻。
決着のつき方も圧巻。

ネタばれになりそうですが、
終わり方が本当に清清しいじゃないですか。

戦いの描写はかなりリアルでグロテスクな部分もありますし
ともすれば、ドロドロになりそうなものが
逆にそうならない。

表現って素晴らしいナとも思えた作品でした。

私はこの結末のつけ方に心から満足しました。
時代モノお好きな方には是非読んで欲しいです。
▲top