スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

『L change the WorLd』チラシ

「椿三十郎」を観に行ったついでに
チラシを貰ってきました。
松ケンこと松山ケンイチさんは
「椿・・・」にも出演されていて
デスノ以降は他にも巷でご活躍なので
「L」の姿の彼を久しぶりに見た気がします。
やっぱり、「L」ですね(笑)
オモテ
ウラ

※ちなみに「椿三十郎」の感想は
プニプニの迷路編の方でアップしました。

JUGEMテーマ:映画



DEATH NOTE 最終回「新世界」

とうとう最終回も終ってしまいました・・・
以下、ネタばれ
続きを読む >>

DEATH NOTE36話「1・28」

なかなか楽しませてくれましたね。
どうなるの?!というドキワク期待感と共に
もう来週は最終回なのかという気持ちになります。

やっぱりデスノートの面白さは一騎討ちにあると思いました。

ニアのパズルから始まってこの人形達が
こんなにも味わい深く見せてくれることに一役買うとは☆

ニアのしたり顔に 狂気の沙汰のライト
思い通り!×3へ至るまでの見せ方も良かった〜
言い方も良かった〜〜!!

魅上の削除効果は行き着くところまで行ったという感じですね^^;
それに彼の顔はもう死神になってます。

相沢さんがデスノートを手にした時に
ルールを読み直しながら今迄のことを振り返って行く演出も良かったです。


続きを読む >>

DEATH NOTE35話「殺意」

台詞のないカットの連続で始まり、
ジェバンニは生き延び、ニアがライトに接触して会う手筈を整える。
そしてその後・・・
今回、面白かったです。

メロはずっとどうしていたのかと思ってました。
結局、マットがあんな一瞬の死。
メロ自身が何をしたかったのか分からず仕舞でしたが・・・
小芝居とはいえ、高田さんに敬語を使っていたのが面白かったですね。

高田さんがニアの本名をライトから教えられていた様子だったので
きっとニアの名前を書くだろうとは思っていましたが、その直後に
始末されてしまうとは考えてもいませんでした。
この前出てきたばかりなのに・・・ショックです。

彼女が必死の想いでライトに連絡。
助けを求めるも、説得させられてしまう辺り、二人の心理戦となって
これが本来のデスノートの面白さだと思いましたね。
この時の高田さんの目が、ホンモノの目みたいで凄かった。
前から目の描き方にはこだわってると思ってましたけど、
この目が今までの集大成のように見えました。

ただ、この心理戦の時に他の捜査官達が、
ライトと高田さんが事前にしていた
打ち合わせの内容を確認しないことには疑問に・・・
今迄盗聴していた内容とズレは生じてないのでしょうか。

また、ニアの護衛がメロのバイクに乗るよう誘導していたように
見えなくもなかったですが、これもニアの書いた台本通りなのでしょうか。

ライトは、自分と関わった人をこんな簡単に殺してしまって、
ますます疑われるとは考えないのでしょうかね?

3回は観たのですが、まだ良く分からないような気もしてます。

次回予告が凄まじいものだったし、二字熟語では無かったので
厭な予感がしますね〜
続きを読む >>

DEATH NOTE34話「虎視」

こんばんは!遅いけれども34話のレビューです。

ミサミサ、ライトが「Lです。」って名乗ってるのに
「ライト〜!」って言ったョ(苦笑)

相沢さんが、メモに傷をつけて、筆談していることを確証したのにはちょっと興奮。
それなのにニアったら、しれっとして「蚊帳の外」って
「蚊帳」が何か知ってんの?!!(違ッ)
いやいや、とっても冷たい態度に驚きました。
それ位キラをやり込めることに懸けてるんでしょうけれども。
ジェバンニに対してだって、死ぬ可能性もあるのに、割り切った態度です。
というか、ジェバンニ命懸けの任務本当にご苦労様です。
こんなにドキドキハラハラして、
尚何日かして生きてるかどうか確認されちゃうのですから、
それだけでもう寿命が縮んでしまったことでしょうね〜(−−)

魅上の口元を読唇術で解読してた時の台詞。
あれは本当に言っていたのか?ライトからの命か何かの囮作戦か?
そのまま受け取ると死神に「あの死神・・・あれっきり来ない」と言ってることになって、ノートを渡した死神と今傍にいる死神と二人いるように見えますよね??
なんだか、またよく分からなくなって来ちゃった(汗)

来週はご無沙汰だったメロが顔を出しそうなので、
この状況にどう絡んでくるのかが楽しみです。

続きを読む >>

33話「嘲笑」

ニア、ホントに今何歳?
おこちゃまなのね。

ライトは実際はデスノートを高田清美に使わせ、
魅上を囮にしようとしているように見えるんだけど、合ってるかな?

また、そのことに魅上がなぜ?という疑念をほぼ一瞬のうちに打ち消し、
そこまでキラに従属していることに驚いた。

高田さんはキラを演じていくには少々器が小さいか、或いは
多少の正義感が邪魔をしているかのように見える。

彼女に務まるのか、キラ!

魅上は思い切り怪しまれることをしているし、その後ノートの所有権を放棄して、
捕まるつもりなのでしょうか。



☆久しぶりにご登場のミサ、とっても目立つね。
 ずっとこの髪型なのは変だよ〜〜〜

 復帰してすぐ婚約っていうのもありえないよね〜〜

今後は高田さんとライトは接触するのか?
接触するなら、盗聴だけでなくカメラもつけるのか?
その辺に注目して観てみたいです。
続きを読む >>

DEATH NOTE32話「選択」

原作がどうなっているかわからないんだけど、時間をかけるなら、もっと魅上の身上を色んな角度から描いて欲しかったですね〜。
勧善懲悪、善か悪か、真っ二つに分けることは実際にはなかなか無理なことなのですから、もっと複雑な思いがあったとか、そのような思想に至った経緯を描いてくれないと彼の気持ちに感情移入することは難しいです。

というか、この話、魅上が登場するまでにやるべきだったのでは?
高田さんも唐突に出てきちゃって、先週の次回予告で今全世界が注目する女性と言ってましたが、そんなこと何一つ今迄出てきてないし。
見る側に、ああ、あの人かも!と想像させるワクワク感を与えて欲しいな〜。

後半は、このところ冴えなかったライトの一人舞台でした。
宮野さんの甘い囁きを聴けたということでは○
でも、このやり方はミサの時と同じです。

高田さんも知性はあっても頭は悪そう、困ったもんだ美梨
ライトがスポットライトを浴びるのも今回が最後だったりして・・。

マッツーがまたイイ味だしてくれていました(笑)
皆がすんなりと盗聴をやめたことは不可解ですな〜。

また、メロは、どうやって盗聴器を仕掛けたのかな?????

続きを読む >>

DEATH NOTE31話「移譲」

・相沢さんがミドリに光った!
ライトの「畜生!」という心の声は彼にだけは聞こえたようだ。

・Lのばらまかれた遺産
Lの力はこんなところにまで及んでいた!

・ニアはおもちゃを持ってきてた!

・出目川さんには「お助け」という台詞がとてもよく似合っていた。

・こんなに話が進んでからまだ新登場人物がいた!
こんな人、出目川の番組にいつもいたっけ?
名前が「照」だって!
ライトとか照とか、苗字も「ヤガミ」に対して「ミカミ」
名前まで似せたの?!

・デスノートってもう一冊なかったっけ?
この移譲されたノートってレムが持っていたものだよね。
この前、シドウが持っていったのはリュークが落としたもの。
もう一冊はリューク自身が持ってるんだっけ?
こんがらがってわからなくなった。

・松田さんの名前って「桃太」だったっけ(笑)
どうやら「トウタ」と読むらしいが、いかにも「モモタ」の方が似合ってる。



続きを読む >>

DEATH NOTE30話「正義」

アメリカが、キラを認める??
そんな簡単に?マフィアを一掃したからかしらん。
宮野さん、ナイス二重人格(>▽<b)
でもライトはもうダメだわ。

相変わらず展開が速くって、Lvs月の時は、じっくり心理戦だったような気がして、そのつもりでいると置いてかれます・・・
特に突然出てきた出目川さんが、高い声で何を騒ぎ立ててるのか、一回ではわからなかったorz

面白いポイントは色々ありました。
続きを読む >>

DEATH NOTE29話「父親」

粧裕だったんですか?
パッと見て誰だかわかりませんでした。
奪還されても心の傷は回復しなかったのですか・・・
リュークが言ってた「不幸なほのぼの家族」から「ほのぼの」という言葉は消えてしまったんですね。

ニアとメロのこと、ライトは全て調べ終わっていました。
その後、話が急展開でついていくのがやっと。
ちゃんと理解できてないかもしれません。


続きを読む >>
▲top