スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

幕末機関説いろはにほへと 最終話「海の向こうへ」

真剣に見ていたこの作品も最終話を迎えてしまいました。
ネット配信(たまに調子悪かったけど)というのも私には初めてでした。
OPもEDも購入しちゃうくらい大好きでしたョ。

いよいよ最後に蒼鉄さんの謎が語られるのだろうか?
という期待で、既にハチ切れ飛んだ私の胸(笑)






続きを読む >>

幕末機関説いろはにほへと 24、25話

とうとう23話を見逃してしまいました。
リンク先様のところで知識を補完して参りましたが、左京の介がああなってこうなってとか、美味しい場面もあったようですね・・・パクップシュー
まあ、気にしないでいきますか。

それでは二話続けてレビュー行ってみます。

24話「色は匂へど」
その23話でいつのまにか左京之介が赫乃丈サイドに付いてました。
ますますおかしくなってる赫乃丈!
民衆が扇動されてますよ。座頭始め他の座員達もその様子がおかしいことに気づいたみたい。しかし、操られてるとはいえこんなに悪く見えるように描いちゃっていいんですかね。こんなに悪過ぎると、もし最後に耀次郎と真剣に戦うことがあっても、まったく哀しくならないかも。

土方も、自ら覇者の首に戦いを挑みましたが、無理な相談でした。
なんで耀次郎を連れずに一人で行ったんだよぅ。

写真を撮るところなど、本人の写真に基づいてポーズを撮っていますね。
その土方にもとうとう最期の時が訪れましたが、この映像のなんと美しいことよ!
この作品はこういうシーンが上手いのね。一つの特徴です。

思いもしなかった五稜郭の要塞化、ちょっと圧巻です。や、意外だったし。
上から見たらポリーーーーースびっくり

左京之介と耀次郎はいつか戦うことになるんだとは思っていたけどとうとう始まりました。耀次郎、動体視力いいなあ。
 
 25話へ↓
続きを読む >>

幕末機関説いろはにほへと 22話「北の邂逅」

更新が滞っておりました。
少々体調が悪くもありましたが、復活いたしました。
それぞれ大変遅いレヴューになりますが、よろしくどうぞ。


赫乃丈の宿命っていったいなんだろうと考えました。
彼女は耀次郎に傷を負わせた時、その自分の意志に反する罪深き行為を恥じ、嘆き、後悔の中で猛省していたのだと思っていたのですが。

蒼鉄さんも、赫乃丈が月涙刀を海へと葬ろうとした時、宿命を受け止めろというようなことを言って止めていましたが、その宿命がこのようなことなのでしょうか?

蒼鉄さんは今回は特に積極的に耀次郎に引き合わせていました。
一体どんな意図が彼にあるのだろうか。その現場をその目で見たいという一心なのでしょうか。

赫乃丈は、やはり耀次郎に剣を向けることとなり、その後我に帰った彼女は、そのことをしごく当然なことのように受け止めていました。本当にそれを宿命として受け入れることができるのでしょうか。月涙刀さえ手放せば、本来の自分の姿に戻れるというのに。

その後の赫乃丈が吹っ切れたように芝居をしているのがなんとも嫌な感じです。

手毬唄のことなど、まだまだ明らかにされていない彼らの生い立ち。
ここにやはり重大な何かがあるのでしょうか。

結局また疑問ばかりで終ってしまいました。
まだみてない二話がありますので、そちらに期待するしかないですね。


続きを読む >>

幕末機関説いろはにほへと21話(19,20話含む)

3話も見そびれてしまい、金曜は11:30から続けて。
マイPCもご機嫌が良く予定通りに3話を消化。
今回は辛口になっちゃったかな。

19話と20話は同じ時間の流れをそれぞれ赫乃丈側、耀次郎側を描いたものでしたね。
19話の赫乃丈は、ちょっと立ち直るのが早過ぎる気がしました。刀の腕が相変わらず立つのは月涙刀のせいでしょうか?それにしても、あれだけトラウマを覚えた刀をあっさりと鞘から抜けるでしょうか。目の前に耀次郎がいなければ影響は出ないという確信でもあったのか・・・

蒼鉄さんが皆を招集し、すんなりと彼らが集まってくるところにも違和感が・・・。
蒼鉄先生、これだけハタから見ても怪しいのに一座の面々が納得できるのは永年一緒にいた絆でしょうか。

回想シーンで、耀次郎が船から落ちていくあたり、あの時黙って見てる蒼鉄さんはやっぱり許せない感じさえします。

不知火小僧が一番人間的だったね。

耀次郎は、誰かに助けられているだろうなと思ったけれど、ホントにパターン通りで、先が読めちゃった。助けてもらった人から大事なことを得てまた旅立つ、辺りまでよくあるパターンだと思っちゃいました。
傷が治ったのかどうかだけはハッキリ教えて欲しかったです。

お師匠さん、この後で耀次郎を蝦夷に渡す画策には自ら動かれるんだったら、耀次郎の窮地に何か、決定的な救いの手を差し伸べて欲しかったわ[:がく〜:]。生命の危機だったんだもの。


耀次郎の活躍はこれからだとか。
それをずーーーっと待っているのですが、今度こそでしょうか。


大事なことを書き忘れ!
石川智昌さんの挿入歌ステキでした〜ニコニコ
続きを読む >>

幕末機関説いろはにほへと 18話「宿命哀れなり」

今回がそうなのか、この話って極端に台詞が少なくないですか??
もうちょっと喋ってくれないとツライかも・・・汗

色々リンク様などのところで垣間見えてしまったので
こうなるんだとは分かって観たものの・・・

耀次郎ッ!!
男は斬られても後に下がるな!!
お前の敵は目の前だ!!

せめて一太刀振り下ろして欲しかった・・・・ポロリ
この場面が今まででいちばんドラマだったよ☆


やっと月涙刀の秘密がわかりました。
「やーーーーーーーーーーーっっと><」と言うべきか。

大太刀、小太刀だったのか。。。
用途は真逆のものでした。

耀次郎はきっとどこかに流れついて
誰かに助けられますよね。(いや主人公だからさたらーっ



予告の明るい赫乃丈が、なんだかむかっ




幕末機関説いろはにほへと16話「同行四人」

先ほど、15話、次回予告を見終わったばかりです。
お待ちしておりました。檜山さん♪
んん、檜山さんにしてはゴツイキャラですね、ちょっと慣れない(笑)

土方さんと惣之介を加えて四人ということでした。

今回の一番の見せ場は月涙刀に操られているかのように
ひとりでに戦う赫乃丈の姿でした。
斜めに切れ込んだ鞘は赤くて耀次郎のものより若干短く
装飾にも富んでいそう。
そんな言葉があるのかは知らねども
夫婦刀?
この謎はきっと持ち越し、持ち越しですね。

それから、土方さんに耀次郎が仇討ちを仕掛けるというところ
一瞬騙されました。。。
お芝居だったのか
耀次郎、門前の小僧とはいえ、
いつのまにこんな立派な役者になって・・・
お母さんは嬉しいよ〜ポロリ

続きを読む >>

幕末機関説いろはにほへと 14話「北へ」15話「秘刀共鳴す」

嗚呼、やっとちゃんと見られました。
「男が・・・オトコとして生き・・・」っていうの無くなった!?
この前私が不平不満たれていたからぢゃないですよね?ね?冷や汗

気を取り直して14話エビスのお葬式の唄って時代考証されたものなのかしら
リアリティがあるわ〜。

赫乃丈さんは、気持ちを確かめるって
もう、その出で立ちがそれを認めてます。
あんなショートカットにおリボン4つ。
襟元と袖をコーディネートして
新しいファッションですな。

左京之介、スパイを手下にしたのですかな。
赫乃丈が引っ掛かって仕方ないみたいです。
それもかなり深そう。

この時代って通信機器も無くて、実際に後から追いかけた人が
前の人に追いつくのって大変なことだったんじゃないかと思う。

あ、追いついた。二人いい感じだョ。
あの・・・こんな時、男の人は嬉しいものなの?
それとも仕事の邪魔?
続きを読む >>

聴きくらべ


海のトリトン Opening曲

幕末機関説いろはにほへと Opening曲
「荒野流転」by Fiction Junction Yuuka

イントロから歌に始まるところにかけて、似てて似ててしょーがありません(自分の中でたらーっ)どっちも大好きなんですけどね☆

まあ、聴いてみて。
くらいなノリでどーぞ。

幕末機関説いろはにほへと 13話「覇者の首入魂」

確かに本人に役者をさせるってのが、この戯曲の売りだったけど、耀次郎が引き受けると分かって、私の方が顔面蒼白になりました冷や汗

しか〜〜〜し、
計算されつくした構成ラッキーグッド
舞台は耀次郎の一太刀で沖合いと繋がることに!!
花道なのか、滑走路なのか、電気っぽいけど灯がついていくのは良かったねぇ拍手

そこには中居屋本人がいるという筋書き通りになり、本物の仇討ちという寸法。

左京之介が右目を失うところなどの回顧シーンや耀次郎と首との戦いなど見せ場はいっぱい^^。後半へ行ってグッと盛り上がる盛り上がる。

ただ私が悲しかったのはエビスがどうやら死んでしまったらしいこと。
本懐遂げたのかもしれないけれど、すごく悲しい!!

首は憑いた様子も凄かった!
でも、品川沖でさ、なんで北へなの??
すぐにでも北を目指したい気持ちはわかるけど
海ないよ。舵をすぐ北には切れんだろうに
そんなことが気になったりして・・・(笑)

幕末機関説いろはにほへと 12話「龍馬之言伝」

GYAOさんのブツ切れ、ホントに泣きますよぅ・・・
左京乃介と蒼鉄が出会った途端に切れたりするともう、悲しくて悲しくて・・・
最初に戻っちゃうんだもん、もう、何度「オトコが・・・・オトコとして生き・・・」っていうの聞いたかわかんね〜汗

続きを読む >>
▲top