スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

オノ・ナツメさんの「not simple」

評価:
オノ ナツメ
小学館
(2006-10-30)
Amazonおすすめ度:

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

容赦無いなぁ〜・・・・・・

まったくもって容赦無い。
アニメの「さらい屋五葉」でオノ・ナツメさんを知った私が
次に手を伸ばした本です。

さらい屋が時代劇だったので
表紙を見る限りでは
まず、洋物だ!
というところが新しい発見で 

オノ・ナツメさんの画が
外人を描くと、デザイナーさんが描いたような
可愛いイラストみたい☆

な〜んて思ってたのは
甘甘でした。

主人公のイアンの人生は
容赦なくキツイものです。

結構衝撃で、読み終わって
放心状態になっちゃいました。

あとからジワリジワリと
それこそ真綿で首を絞めるかのごとく
効いてきますヨ

オノ・ナツメさんて
本当に構成が上手い人ですね。

題名が表していたのは、まさに彼の
複雑な家庭環境がもたらした人生。

この辺りは
「さらい屋五葉」の弥一と共通するところがあります。

要らない子、だけど信じられる家族も少ないけど居たところもね。

実のお父さんと、お姉ちゃんの間にできた子、イアン。
お母さんはショックでアル中に。

そんな、アル中のお母さんを面倒見るイアン。
お姉ちゃんはお金のために強盗してムショ帰り。

うすうすお姉ちゃんが本当の母親と気づきますが
でも、一緒には暮らせない運命。

だけど、このイアンという子は
すごくいい子で・・・・・・

それだからこそ本当に救われない想いが後に残ります。

少ないけれど彼に関わった人たちは
イアンのへんな笑顔から何かを貰って

今書いていて思ったけど、イアンて慰安と変換できるし
そんな意味で登場させたのかしらん。

彼の救われない一生はみじめったらしいけど
でも、確実に存在して意味を成した。

それでも、道端の石っころみたいな、イアンの一生。

これを読んだら、「さらい屋五葉」の原作コミックスも
容赦無い終わりを迎えそうな気がしてきました。




スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top