スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

ALWAYS三丁目の夕日☆観ました


<< 作成日時 : 2006/03/06 16:52 >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

−−日曜日塾が無くなり何するの?−−
日本アカデミー賞の余韻も冷めやらぬ侭行って参りました。映画なんて久しぶりです。
よくいますよね。賞を獲ったから見てみよう、とか。紅白に出てたから聴いてみようとかいう人が・・・(笑)さすがに立ち見が出てたと思いますよ。
場所は銀座シネパトス
古〜ぃ小さい映画館。此処でこの映画をやることに意義があるのかな。
ネタバレ、ちょいしちゃっていいですか?

設定は私が考えていたよりも前、私が生まれる前のお話でした。
ただ、ストーリーとしては、時代は関係なくいけるんじゃないかな?

一言でいうと、「観てる時に、泣いてるか笑ってるかどっちか」の映画でした。
でも、人それぞれ、今自分が背負っている荷物の種類で泣くポイントが違うと思います☆

良いです。一つだけ文句があるのは、CGとたぶん作り物の合成と思われる猫とヤモリと蛾の動きがぎこちなくて如何にも作り物っぽい。せっかく他はすばらしく当時を再現できてるのに、あの場面でちょっと冷めた。でも、そこだけ。

吉岡くん、良い役もらったねぇ。すっとんきょうな声がいい味だしていました。あと、体張ってた!でも、堤真一さんに喰われてた〜(笑)前は、堤さんは雰囲気だけを出していればいいトレンディ俳優なんだとばっかり思っていましたが、テレビで大石内蔵助役を観た時に、この人、何でもできる力を持った人だと分かって、ALWAYSではそれが証明された感じがします。彼は私の好きな演技派俳優さんの一人に決定です。

須賀健太くんは天才子役と謳われているだけあって、確かに天才だった。万年筆もらって「すごい!」と声にならない声を出す辺りなんか特に凄かった。

私は、六子ちゃんを演じた掘北真希さんにもっと大きな賞をあげたかった。薬師丸ひろ子さんとか中島美嘉さんを差し置いてはあげられないということなのかなあ。
彼女はすごい実力派だと思う。あんだけ可愛くて映りがよくてあの演技力。田舎に帰りたくない理由を言う時のあの表情は、計算されたものではないですね。なりきって心の底から出たものだと思う。そのシーンが印象深くて胸に残りました。野ブタをプロデュース。の野ブタちゃんだったのですか?ドラマを観ておくべきでした。他の役を観てみたい。どんな風に演じてたんだろう?

話の内容がとんじゃいましたが、茶川が「文学〜!!」ってバカにされたりするのはちょっと他人事ではありませんでした。今でいう夢追い人達も昔は遊び人呼ばわりされたり、一般社会からは理解が得られなかった。だから、淳之介が本好きだと分かった時は観ていてこちらも救われました。今は良い時代になったね。

ご注意 : お子様を連れてっちゃいけませんよ。サンタクロースの秘密が語られてしまいますから(笑)うちは大きかったから知ってただろうけど。逆に、親の気持ちに感情移入したようで、クリスマスでもないのに主人が寝てる枕元に忍び足でプレゼントを置きに行ってました。中身は主人が自分で買ったコンタクトレンズなのでプレゼントでもなんでもなかったけど、やってみたかったんだろうね。

面白かったことを伝えたい、ブログな気持ちです。

JUGEMテーマ:映画


ALWAYS3丁目の夕日をご覧になられたんですねw
私は邦画はあまり見ない方なのですが(…というか、今は子供が小さすぎて見に行けないのが現状です^^;)
サンタクロースの正体ですか…(笑)うちはその存在さえもまだ教えられないほど幼いですが、友人の息子は去年のイブ、枕元にプレゼントが置いてあったのを見てひとこと。「…ちぇっ、こんなところにプレゼント置かれてもよぉ…。オレはサンタと買い物に行きたかったんだよっ」ですって(^^;)一応はまだ存在を信じていますが、生意気ですよね。。。

びあんか
2006/03/06 21:46



びあんかさんへ
それはそうだね。今は行けないかもしれませんよね。
でも、きっとそのうち子供向けの映画に一緒に行くようになりますよ^^
お友達の息子さんは面白い!
子供は時々考えられないことを言って面白いですね。
風邪、お大事にして下さい。


Rainny
2006/03/07 06:14

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top